保育士の免許を取得するための3つのコース

保育士の免許を取得するには、厚生労働省が指定する教育施設を卒業する必要があります。また、教育施設だけではなくて通信講座で勉強をして国家試験に合格するという方法もありますが、厚生労働省が指定する教育施設を卒業すると卒業と同時に免許を取得できるので試験に合格する必要がないのです。また、教育施設や通信講座で合格をする方法以外には、保育補助として保育施設で実務経験を積んで、独学で勉強をして合格する人もいます。

保育士の免許には更新が不要

教員免許や幼稚園教論の免許とは違い、保育士の免許には更新がないので一度取得すると永遠と使用できます。保育士の免許は全国どこでも使用ができますが、いくら更新の必要がないと言っても氏名や住所または破損や汚れた場合には、再交付の手続きをする必要がありますが、手続きは保育士登録事務処理センターで行っています。保育士の免許を取得するための試験には、筆記試験と実技試験がありますが、実技試験にはお絵かき・お話し・音楽の中から好きな試験を2つ選んでおこないます。

保育士の免許の難易度

保育士の免許を取得する試験の難易度は、難しくなったり優しくなったりとアップダウンが激しい試験です。合格基準は全科目の6割が正解なら合格なので、半分以上が正解なら合格になるので、様々な免許の中でも比較的取得しやすい免許と言えるでしょう。しかし、実務経験を積んで独学で勉強をして合格を目指すのは非常に難しいので、合格を目指している人は通信講座などで勉強をして合格する人が大半を埋めているのでしょう。保育士は女性がメインですが、年々男性保育士も増えてきています。

保育士の求人を神奈川で!よりよい環境で仕事をしてみませんか?保育士をするならぜひ神奈川で探してみましょう!