フォークリフト免許ってどんなもの?

フォークリフトを運転するためには、その免許を取得する必要があります。このフォークリフトとは、リフト式の特殊自動車のことを指します。一般的な普通自動車免許のように、多くの人が持っているわけではありません。主に、土木工事や建築業、倉庫内の作業などをする時にフォークリフトを使うことになります。その免許は、正式には「フォークリフト運転技能講習修了証」と呼ばれます。普通自動車の免許と異なる点は、一度取ることによって一生使うことができるところでしょう。

フォークリフト免許はどのようにして取得するの?

フォークリフト免許は、年齢が18歳以上になっていれば誰でも取得できます。一般的には、1トン以上と1トン以下の2つのタイプの免許があります。普通自動車と同じように、免許の取得には実技と学科の勉強をする必要があります。もし、大型免許を他に取得しているなら、11時間ぐらいの講習を受けることで取得できます。まだ、自動車免許を取得していない状態なら、35時間の講習時間になります。フォークリフト免許の講習料金は、およそ2万円~5万円ぐらいであることが多いです。

フォークリフトの免許を取るとどんなメリットがある?

フォークリフトを使っている会社が、免許を持っていない社員にフォークリフトの操作をさせていることも多いです。しかし、その場合困るのは、どうしても事故が多くなってしまうことです。そんな会社なら、フォークリフトの免許を持っている社員が優遇されることもあります。なかには、フォークリフトの免許を持っていることで、5万円も手当てが出たというような人もいます。一度身につければ一生役に立つことも多いのがフォークリフトの運転スキルとなっています。

フォークリフトの資格を所持している方ならば、建設業の転職がスムーズです。フォークリフトの求人はたくさんの件数が見受けられるからです。